占い・診断・結婚や彼氏彼女や相性まで
恋愛と性格を考えるハニホー!

トップに戻る
基本講義目次

+タイトル+

罪悪感と無価値感

+内容+

例えばとあるカップルの彼氏が彼女をふったとしよう。彼女はひどく傷つき、10日間も泣き続けて5kgも痩せたとする。「どれだけ傷ついたか私の気持ちが分かる?」と彼女が彼氏に言う。こんなとき、彼女は彼氏と比べ「私って価値がない」と思っている。価値がないと具体的に思っているわけじゃなくて、自信をなくした状態だったり、劣等感だったり、とにかく彼氏より自分のほうが下だと思っている。

一方で彼氏は、彼女が「どれだけ傷ついたか…」と、傷を見せ付けてくるから、彼女が被害者を主張するから、罪悪感が生まれる。相手より自分が優位に立ちすぎていることで、つまり自分のほうが上にいることで罪悪感を感じ、自分の優位を捨てて上から下にいきたい気持ちになる。またはそこから逃げたくなったりする。

◆価値の上下

例えばAさんがBさんを「Bさんは仕事もできるしおしゃれだし何もかも最高ですね」と誉めたとしよう。Bさんは「いえいえそんな…」と謙遜する。AさんよりもBさんのほうが価値を持ちすぎると、Bさんは自分を下げようとするわけだ。こうして二人の価値のバランスをとろうとする。

最初に出てきた彼氏彼女の例で言うと、彼女は価値の無さ、つまり自分が下だということをアピールした。彼氏は自分が上だということに罪悪感を覚えた。片方が泣いたり傷ついたりネガティブだったりすると、もう片方は罪悪感が起きるというのは自然に起きるバランス関係だ。

◆罪悪感ゆえの行動

罪悪感というのは気分が悪い。もし自分の彼氏彼女が罪悪感の発生源だとしたら、どうするだろうか。人によっては、価値のバランスをとろうと、謝るかもしれない。でも多くの場合は、罪悪感の発生源を「避ける」か、自分を責めきれなくて「逆ギレ」する。

例えば彼女が「なんでメールしてくれないの?私のこと嫌いになったの?」と彼氏に問い詰めたとしよう。彼氏は最初のうちは「ごめんごめん。ちゃんとメールするようにする」と謝るかもしれない。これは、まだ罪悪感が軽いから謝れる。しかしこれを何度も言われると、「重いよ」と言って避けるようになったり、これ以上自分を責めきれないから「だったら返事したくなるようなメール書けよ!」などと逆ギレするだろう。

◆被害者にいいことなし

恋愛で被害者の立場をとっても意味が無いということが分かるだろうか。別れた後、よりを戻したくて「別れたくないよ…」と何度も必死で電話をしたとしよう。でもこれは相手からすると避けたくなるし、避けないとしても謝らなくてはいけない。万が一、罪悪感でよりを戻すという珍しい人がいたとしても、それは愛情ではなく罪滅ぼしだ。それに、よりを戻したいと泣きつくのは、自分のほうが価値がないと必死でアピールすることだから、相手の罪悪感はつつくことができても、自分は魅力がありませんと言ってしまっているのと同じで、好かれにくくはなるだろう。

無価値感を持つほうは、相手を「悪い」として攻撃することも多いが、悪いと言われたほうは近づけるはずもなく、二人は分断されていくだろう。

このように、いくら相手の罪悪感をつついても、一時的に補償(つぐない)として相手が行動をしてくれて自分の思い通りになることはあるかもしれないだけで、その後のその人との関係は望ましくないものになっていくだろう。いつも「重い」と言われて別れてしまう人はいないだろうか。罪悪感をつついて相手をコントロールする恋愛ばかりをしていないだろうか。
カップルに上下がついてはいけない。二人ともお互いに尊重されていて、愛されていると信じ合える状態になるのが理想的ではある。どうすべきかとか愛するとは何かという問題はここでは語らないが、あちこちを読んでいるうちにだんだん分かるだろう。

トップに戻る
基本講義目次

新着をすぐお知らせ
FacebookやTwitterで「恋愛の学校」をフォローすると、ハニホーの診断など最新コンテンツの情報をいち早く受け取ることができます。
◆Twitterではお知らせだけでなく「恋愛の格言」もツイートされています。
◆Facebookで「いいね」すると、あなたにお知らせが投稿されます。
ボックスを閉じる
【よく当たる!診断/占い/恋愛占い/相性占い】
まずはコチラ(迷ったら・悩んだら)相性占い好きな人・片思い・アプローチ彼氏・彼女結婚・結婚占い・結婚診断恋愛占い(恋愛傾向)性格診断・心理テスト遠距離恋愛モテ占い同棲不倫・不倫占い浮気・浮気占い元彼・元カノ・復縁占い
【恋愛指南や相談】
恋愛の学校片思い・好きな人・アプローチ結婚相性同棲遠距離恋愛不倫浮気元彼・元カノ・復縁
【恋愛まとめ】
恋愛のまとめ
※性格診断、心理テスト、占いは無料です。
株式会社番長